検索
  • info565309

コンロのないキッチン


賃貸マンション一室のリフォーム工事。


都心エリアで公園に臨む好立地の場所。

築年数が経っていたので、退去と同時にリフォームの依頼を承りました。



今回挑戦してみたことは、「コンロを設置しない」。


料理をしない。

収納はたくさんほしい。

趣味を楽しめるオシャレな暮らしをコンセプトにしてみました。



After↓




Before↓



キッチンの手元にIH用の電源を設置しているので、卓上IHコンロを置けば、調理台に。

火を使わない場合は、作業台に。


キッチン背面は、家事や趣味スペース。

有孔ボードに趣味のものを吊るしたり、デスクでアイロンをしたり、何にでも活用できます。


いらない壁もとって、こんなに広くて新しい空間に生まれ変わりました。



After↓ 


Before↓



ここでポイントです。


今回は、あくまで「リフォーム」であり、「リノベーション」ではありません。


見た目がこんなにガラッと変わっても、リノベーションじゃないの?と思いますよね。


そうなんです。



リノベーションとは、躯体(構造にかかる鉄筋コンクリートの部分)より内側を全て更新し、付加価値をつけることをいいます。


内側全てというと、目に見えない水道の給排水や電気配線も含まれます。


今回は、給排水はメーターから全て更新していますが、それ以外は使えると判断した上で、使っています。


床も既存の床に上貼り、既存の天井や壁も一部残しています。

そうすることで、解体処分費が大幅に削減できるのです。




リフォームとリノベーションでは、予算が大幅に変わります。


もちろん、既存の間取りや設備の状況から考えて、リフォームにするか、全壊しのリノベーションがいいかの判断が必要となりますので、お部屋を一新したい方は、お願いする業者に相談してみてください。














6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示